スポンサーサイト

0
    • 2013.11.10 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ヤンヒーの写真の写真

    1
    アテンドさんがカメラで撮っていた画像をディスクに焼いて送ってくれたものがあります。
    たまに見返すと楽しいのですが、ネタもないので、手術辺りのものを更にiPhoneカメラで撮ったものを載せます。パソコン駄目なので読み込むとかできないのです。画像悪くてすみません。

    まず、前日入院後すぐの血液検査。怖いので自分は顔背けてます。アテンドさんは撮ってたんですね。



    同じアテンド会社を利用した人が数時間先に手術室へ。お見送り。いってらっしゃいませ。



    その帰り、一旦自分の病室へ戻る所。頂いた写真で気付いたけど、怖い怖い言いつつずっと僕は顔が笑っている。ムカつく。



    そして自分もお迎えが来て、またヘラヘラしてる。二重アゴになっていてウザい。



    手術翌日かその翌日。術後初の写真。覚えてないけど何か手を見てる。ウザい。



    退院当日か前日のビビっていたドレーン抜き。結局痛くなかったけど両手で拒んでる。熟女ナースさんにベイビーって言われた。



    腹は内視鏡だから抜糸ないって聞いてたのに本当はあって、心の準備ができずまた両手で拒否。ナースも自分も笑っている写真があって懐かしかったり。



    毛深くて申し訳ありませんがその抜糸直後。テープされてるのがへそで、血が滲んでるのはへその下側。糸が飛び出てますね。
    このテープ、ビビって剥がすのやめてもらって後悔した。自分で剥がすのはもっと怖かった。



    胸の抜糸後、資料として写真を撮られてる時。この時から今現在と変わらないな。きれいだったってことか。



    しつこいようですがネタないし、アテンドさんカメラの観光バージョンも今度やろうかな。更新はしたかったりするんです。

    それに先駆けひとつ。
    これはツアーガイドさんが撮ったんだろうな。さてどこのお寺でしょうか。これでわかる人はなかなかです。ここはタマユットニカーイなの?とかお門違いな質問だったと帰国後勉強してわかったり。



    どうでもいいですか。
    以上です。








    【閲覧注意】摘出した臓器画像

    0
      閲覧注意なんて大袈裟でしょうか。

      ヤンヒーで頂いた、摘出した子宮卵巣の写真プリント、さりげなく行方不明だったのが出てきました。

      内摘だけだから外性器何も変わらないし、これ頂いたときは、あぁ本当に取ったんだなぁと少し見入りました。これも嘘ってことはないよね?と。
      自分の名前と誕生日も入ってる。証拠写真ですね。外国でゴミに出された自分の体の一部。

      生々しい画像なので苦手な方はやめておいて下さい。僕も以前こういった写真で具合悪くなったことがあります。それからなんとなく、無断で転載はお断りしておきます。需要ねぇか。
      ネタにはなったんじゃないでしょうか。見る方はもう少しスクロールをお願いします。






























      裏側?



      表?



      以上です。本当に臆病な自分が手術を受けたなんて感慨深いなぁ、なんて。

      手術後21〜30日目

      0
        途中、画像あります。お気をつけください。
        引き続き、どこも痛みはなく腕も上げようと思えば100%上がるけど突っ張る程度。下からの出血は大分減りましたが止まり切らず。
        以前は少し突っ張っていた上体反らしもできる様になりました。慎重にですが。

        【術後21日目】

        歩き過ぎか、膣からの出血多め。と言っても一日でナプキンにやっと3cmくらいの染みがついてる程度。
        傷のかさぶさはすべてはがれたと思う。

        【術後22日目】

        またも歩き過ぎか、夜、下腹部が痛いまで行かないけど何か感覚あり。これは生理と同じ感覚。摘出したのに不思議。

        腹部の傷4ヶ所がいつもかゆいんだけど、昼間はあったはずの右上の傷の抜糸し忘れ疑惑のある飛び出た糸がなくなっていた。
        アテンドさんが言っていた様にやはり溶ける糸で、ぽろっと落ちたみたい。とりあえず一安心。

        【術後23日目】

        膣に鈍痛が一回あったくらい。

        【術後24日目】

        家でじっとしてた。出血少なめ。

        【術後25〜27日目】

        何もメモなし。変わりなかったと思
        う。

        【術後28日目】

        変わりなし。久々に写真を撮ってみた。
        まず胸部を引きで。何も知らなければドレーン後も虫刺されみたいで自然な気がする。水着もいけそう。
        乳輪が多少膨らんでるのは陥没乳頭だからか。この写真は普段より乳輪大きく見える気がする。今度何cmか測ってみよう。



        右胸。こっちの方が傷跡太い。







        腹部。
        青い四角は傷ではありません、お気になさらず。へその下U字に切ったのも目立たない。女体型がお恥ずかしい。



        【術後29日目】

        特にメモなし。

        【術後30日目】

        手術から一月。早い。もっと経っている気もする。
        この日は暴れた。揺れたり跳ねたり。腕も上げたけど大丈夫そう。でも胸は締めている鈍痛があるので無理はしない。
        術後ひと月は激しい運動を控える、なのでもう解禁。良い汗をかきました。

        もう毎日傷を観察したりはしなくなった。。かさぶたも終わったので消毒もなし。
        実際これが当たり前、という感じで無くなった胸を喜んだりは意外にない。

        胸のバンドももう取りたいけど2ヶ月はしておけとのことなので頑張ります。キツイし暑いので、メッシュのトラシャツの前を切って100均バリバリテープを付け、ベスト型にしたりしています。
        記録でたまには写真を撮ろうと思います。










        手術後16〜20日目

        0
          途中、画像あります。お気をつけください。
          もうこの頃は基本どこも痛くありません。膣から少しずつ出血、胸のバンドというよりその上あたりが痛いっちゃ痛い。あとは激しい運動をしないようにしている毎日でした。10回だけ腕立て、腹筋、とかはやっていました。運動不足は嫌なので30分以上は歩いていました。

          【手術後16日目】

          言いにくいのですが、朝起きたらナプキンに初めてゼリー状の血が多めに出ていてギョッとした。これじゃ生理だ。
          GID手術も多く手がけるNモクリニックに画像と一緒に相談メールを送信。
          数日前にも「痛み特になくても受診したら診ていただけますか?素人考えですと、傷見て終わり、ではなくレントゲンなりエコーなり内部をチェックする必要がないのか気になるんです」と問い合わせていて、術後ガーゼ取り残しないか撮影はしていると思うので異常なければ受診の必要はない、と返って来た。
          でも今回は返信なし...しつこかったか。そんなゼリー出血は今のところこの一回だけだったのでまぁいいとしました。

          【手術後17日目】

          体調異常なし。無理な体勢はしないように農作業を5時間。

          【手術後18日目】

          起きると、昨日の農作業のせいで股関節筋肉痛。傷には影響なし。
          胸の様子。何度も言いますが乳首はもとからありません。



          右。



          左。



          【手術後18日目】

          出血が減る。遂に止まるか、と期待する。
          術後、ホルモンの副作用らしき眠気が弱くなったことに気づく。単に働いてないからかもしれないけれど。

          【手術後19日目】

          引き続き出血少なめ。
          今更ながら、術後の傷を綺麗にする効果があるらしい「3M サージカルテープ マイクロポア」について調べる。しばらくして、アテンドさんがくれたガーゼ止めるテープがまさにそれと気づいて胸と腹の傷に貼ってみた。

          夜風呂前に剥がしたら、一部のかさぶたがテープの粘着面と一緒にはがれてビビる。
          右乳先端かさぶた?もはがれる。

          左。




          【手術後20日目】

          ジェンダークリニックへ、性別変更申し立てに必要な手術証明を取りに行く。そのまま申し立てに家庭裁判所へ。
          書類も問題なさそうで、面接の連絡がいくと思うのでお待ちください、はい、5分で終了。

          歩き過ぎかまた出血はいつも通りになってた。
          内摘腹腔鏡の痕5つのうちへその左下のがニキビみたいになっていて、気持ち痛いことに気付く。オロナインとお祈り。



          ここはパンツのゴムが当たるのか、この後も痛くないものの赤ニキビ状態。いっそ潰れれば終わりそうなんだけど。








          細かすぎてどうでもいいヤンヒー情報。

          0
            本当にどうでもいいことばかりです。ふざけてます。
            無事手術が終わった喜びからか、入院中のことは良い思い出です。また泊まりに行きたいくらい。
            ちなみに部屋代は一泊、日本円で一万ちょっと。日本並みですね。

            ・個室のドアの閉まり方が面白い。ゆっくり閉まる。後ろ手でポーンと放すと10秒くらいかかる。ガチャって閉まるの?!と心配になるも、カタカタ言いながらしっかり閉まる。のろい患者用?

            ・トイレットペーパーホルダーの位置がおかしい。気持ち後ろ過ぎて体を捻らないと取れない。術後の体に悪い。これは個室の間取りに寄るかも。



            ・壁にミニアリが住み着いていて、洗面台やバスルームに出没する可能性あり。

            ・ヤンヒーナースの愛想。無言で入ってきて出ていくまで完全に無言の人もいて面白い。コミュニケーション不要。それが楽しめる人、人見知りにはおすすめ。

            ・体温計がピストル状の肌に触れなくても計れる最新型。ナースのテンションによっては笑顔でバーン!される。血圧も体温もメモすらしていない模様。
            下は「ドアを押さえて他のナースが入れないようにして、諦めたところをジャーン!」の図ですが、よく見ると血圧計ってる途中だしね。



            ・ナースの制服はひとりひとりみんな違う。ほとんど白に近い紫の布で、フリルついてたり襟があったりなかったり、オレンジのレースつけてたり。綺麗な人多い。見てて楽しい。スカートは平均膝上10センチ以上。動きにくそう。

            ・術後の薬は壁にある鍵付きボックスで保管されていて、飲む時間に飲む分だけナースが渡してくれる。食前の物もある。



            「コウセイブシツー」。カレーの匂いがする。



            食後の整腸剤。噛まなきゃいけない。「カム」と言って渡される。歯磨き粉味だしデカイ。口直しが必要。退院時にも処方された。



            ちなみに、なぜか術後2日目位に初めて見る錠剤が出た。聞くと睡眠導入剤。寝付けないなんて言ってないしお断りした。白い小さい錠剤。
            聞けば何の薬かは教えてくれる。

            ・病院食、アメリカンの場合は野菜=人参、かぼちゃ、ブロッコリーの三点セット。このかぼちゃが柿のように硬い。火通ってないのか品種なのかは不明。小さい塩と胡椒は使わなくてもとっといた方がいい。味ない物のときに付いてこなかったりする。



            ・1Fの食堂にあるチョコケーキは口に合わなかった。



            ・横のファミマにある、アーモンドスライスの乗ってるブラウニーは美味しかった。買って帰った。



            ・ちゃっかり1セットパクったヤンヒーパジャマ。ナースは手際良くリボンじゃない結び方をしてた、覚えられなかったけど。
            下は同じ布のゆったりパンツ。
            術前だけワンピース型だった。



            ヤンヒーサンダル。これでペタペタ廊下を歩いた。イメージカラーなのか、青好きにはたまりません。



            ヤンヒーポーチ。
            歯ブラシセットやコームなどが入ってた。



            ・内摘のビスット先生は芸人顔。笑顔がありがたい感じ。合掌して挨拶してくれる。
            胸オペのタワッチャイ先生は日本人顔。品のある男前。

            ・掃除のおばちゃんの口紅の色がとても濃厚。明るい。

            ・あるエレベーター横には日本語盛りだくさんのタウンページがあった。タイの不動産事情とか、散歩がてら立ち読みにおすすめ。

            ・廊下を散歩していても、他の患者とは一度も会わなかった。皆さんは術後しばらくは歩きすぎない様にお気をつけ下さい。再出血は凹みますよ。
            10階からの朝日でお別れです。



            失礼しました。











            手術後11〜15日目

            0
              さ帰国後最初の5日間の記録。
              画像あり、ご注意下さい。

              【手術後11日目】

              帰国した翌日。少し出掛ける。
              内摘の痛みはほぼないので、胸のバンド痛が気になってくる。
              たいしたことないけど全体がアザになってるかのような鈍痛が少しある。
              映り悪いけど胸。



              右胸(繰り返しますが乳首はもとから陥没)



              続いて左



              この珍しい胸をお見せしたいのですがうまく映らない。先端のかさぶたが剥がれて以来右乳首を心配していた。

              腹部は撮ってないけれど傷がかゆいだけ。まだかさぶたはあり。ガーゼは何もしていない。右上の糸が飛び出ている傷が少々心配。

              激しい運動、重いものはひと月禁止とは言え気持ち的にはいけそう。走らないようにはしてる。

              不安なのはおしっこをするとたまに膣がじーんと痛かったり、それこそ生理の時に自分はあったんだけど、ィタイタイタイタイっ!って感じの鋭い痛みが何故か下っ腹の尻寄りに来たりした。三回くらい。

              それから、横になって本を読む時うつ伏せで上体だけ起こして肘つく体勢、これは気持ち下腹部が痛かったので避けてる。上体はまだ反らせないと思い知る。
              膣からの出血は止まらない。量もまちまちで、どんどん減っているわけでもない。二ヶ月はあり得る、とのことなので様子見。

              【手術後12日目】

              戸籍変更に向けて、手術証明書類を持ってジェンダークリニックへ。
              週1?でよその精神科医が出張にくる日があるらしく、わざわざ遠いファーストの先生にサインをもらいに行く手間は省けそう。

              が、体が男性化している証明が必要なのでS堂クリニック泌尿器科であそこの成長を見せて来い、と。
              その手間があったとは。確かに内摘だけじゃ外性器何も変わってないからってことなのかもしれない。
              他のジェンダーに通っている内適のみの人で、術後特にこういった体の診断は要らなかったケースも聞いたことある。

              結局S玉へ行くことになる。予約は要らないけれど担当医師の出勤日を確認して、と言われる。三日後に行くことにする。

              ジェンダーで術後初のホルモン。
              しばらく三週に一度125ミリにして今度血液検査してみる。これまではずっと三週に一度250ミリだった。
              内摘後のホルモンの相場はどうなんだろう、先生によると減らす人も多いらしい。

              【手術後13,14日目】

              暇。とはいえ軽く動いたり。
              出血が減らないことを気にし出し、今更だけど動きすぎかな、と考え込む。

              でも、退院後すぐ観光してたのに今更安静も気が進まない。
              散歩や外出で結局毎日30分〜1時間は歩いている。これから体絞ろうって時に安静も、別にいいんだけど太りそうでじっとしていられない。

              【手術後15日目】

              上記の通り、クリトリス測定のためS堂クリニック泌尿器科へ。小一時間待つ。
              担当のU島先生は、内摘もやっている病院だし事情をよくご存知で、粋なおじいさまだった。

              その足でH&Mメンタルクリニックへ結果の書類を届ける。
              来週水曜がもう1人の精神科医がくる日なのでそこで軽くカウンセリング後、手術証明書類にサインを頂いて戸籍変更必要書類が揃う。次週に予約を入れる。

              この日は初めてあそこの入り口が痛かったことがあった。少しズキズキする。かなり歩いたから出血も多め。
              変な話、女性用ナプキンをしてるわけだけど量的には一日一枚で大丈夫な程度。仕方ないけれど生理みたいで嫌だ。開腹にすればよかったかも、とさえ思ったり。腹腔鏡内摘の人自体が少なめであまり情報知らない。他の人もこんなもんだったのかな。

              もう傷の写真もたまにしか撮っていない。少しずつかさぶた剥がれるに任せているだけ。
              消毒はアテンドさんにもらった物を取りにくいところに落としてしまったので、この辺から普通にオロナイン。
              もう普通の切り傷状態だし大丈夫か、と勝手な判断です。




              手術後8〜10日目(体調編)

              0
                【手術から8日目】
                退院して4日目。
                夜から朝にかけて喉が痛くなる。実は術前も喉がおかしくてギリギリ治ったんだった。エアコンのせいだと思いたかった。
                下っ腹痛い、とだけメモが残ってる。大したことはなかったと思う。そりゃ臓器取ったんだからそんなすぐには治んねーわな。
                昨日と変わらず胸も圧迫されて少し痛い。乳首周辺は感覚がないので、痛いのはもちろん周り。特に胸の上、脇寄り。

                胸のガーゼ交換をしたら、右胸の先端を剥がしてしまった。跡地が水っぽくてビビる。白っぽいグレーで腐ったような色。乳輪の色は前から黒いです。



                そして左はこんな感じでした。白く見えるのはガーゼの残りです。怖くて触れず。



                知らない方も多いと思いますが、陥没乳首だと普段から、乳腺からの分泌物の様な垢の様なものが半生状態?でついていて、時々それが乾燥してポロっと取れたりします。
                術後ずっとガーゼで抑えられていたそれが取れたんだと思われます。乳腺がなくなって今後どうなるのか見ものです。乳首はもとから無いのです。自分としてはでかいのがついているよりいいんですが、結構ショッキングな画像なんでしょうか。
                日馬富士も乳輪小さいだけじゃなくて陥没に見えるんだよなー。名古屋で確認だ。

                【手術から9日目】
                退院して5日目。
                この日は抜糸と検査。退院以来のヤンヒー。下っ腹ももう痛みはなかったと思う。



                結構待って、まず腹部から。
                執刀医いたのに忙しいのか見てもらえなかった...。別の先生。しかも、内視鏡だったから抜糸ないって聞いていたのに、あった。ドレーン抜きを経験したので平気だったけど。
                退院前に防水テープを貼られてそれ以来初めての消毒。ガモンは術後毎日と考えると凄い違い。

                四つある孔の内、下三つを抜糸されたと聞いた。怖くて見れなかった。それでも中に溶ける糸が残ってるんだそう。
                糸の端を切って抜いただけらしく、ついたままの布テープも剥がしていくか聞かれた。これ以上痛いことはお断りした。
                が、これが後で後悔。夜ゆっくり剥がすと、抜糸のなかった右上の孔だけ明らかに透明のテグスが飛び出ている。これはその溶ける糸なのか抜糸忘れなのか。抜糸、執刀医じゃなかったしな...と。アテンドさん曰く、おそらく溶ける糸。そのうちポロっと落ちる、と。

                腹部抜糸した部屋。初日も行った産婦人科奥の部屋。



                フロア変わりまして胸の抜糸。
                待ってる間に入院していた階の担当ナースステーションにお菓子の差し入れ。お世話になりました。

                胸は執刀医の紳士に見てもらえた。抜糸は何も感じなかった。記録写真を取られてオーケーオーケー言われて終了。先生ありがとうございました。

                その後は最後の観光。
                夜ホテルへ帰って、ガーゼもなくなったので撮影。右胸の方が切開した跡のかさぶたが太い。
                全体図。





                内視鏡跡。黒いのはほくろ。



                明日は帰国。また飛行機恐怖からの開き直りに専念。

                【手術から10日目】
                退院して6日目。帰国。
                朝早く、アテンドさんにスワンナプーム空港へ送っていただいてお別れ。本当にお世話になりました。タイ語のできる方だったので本当に心強かった。
                体調問題なし。眠いだけ。自分でスーツケースも押して。さようならタイ。飛行機も無事日本へ着きました。
                帰ってからも撮影。腹が出ているだけ。



                胸先端も乾燥しました。



                グダグダですが、体調編は以上です。









                手術後5〜7日目(体調編)

                0
                  術後4泊で予定通り退院後、10日間タイに滞在しました。ダジャレじゃありませんとか言わせないでください。その間の体調について。

                  【手術から5日目】
                  退院翌日。アテンドさん手配で観光。
                  国内で手術したら、翌日から出掛けるなんてありえない。楽しみだけど怖かった。行くけども。

                  ヤンヒーでもらった胸バンドは厚いので、女性用コルセット?をアテンドさんがくれた。
                  ヤンヒーのバンド。表面は綿ぽい。伸びる。



                  頂いた市販の。もろ女ものだけども。化繊。



                  車の揺れが痛い、とかはない。ただ歩くのが、愚痴とかではなくて、ツアーの方も気遣ってくれなくて速い。こっちが気遣って着いて行こうと速歩き。体に悪い。

                  前の記事にも書いたけれど、内視鏡での内摘は膣からの出血がある。開腹でやった人はもう入院中にはオムツ取ってたけど、自分は出血が続いていたので気兼ねなく動けない。量としては軽い生理くらい。

                  途中、夜あまり寝れなかったからか睡魔に襲われ爆睡。
                  結局夜まで活動しっぱなし。疲れた。楽しかったけど常にこんなに動いていいんだろうか、という不安はずっとあった。

                  ホテルへ帰ってシャワー後、ドレーン跡のバンドエイド交換。かさぶたをはがしてしまったらしく液体が。ビビる。



                  自分で胸周りのテープ類を取る時が怖い。バンドでせっかく締めてるのに、くっつこうとしてる皮と肉を剥がしてしまいそうで。できるだけ横に引っ張るようにしていた。
                  ちなみに正式な病院からの指示は知らないけれど(こっちから聞かないと意外と何も説明は無い...)アテンドさんからもらった消毒セットで自分で消毒していた。ヨードチンキが効くらしい。しみない。

                  【手術から6日目】
                  退院して2日目。もう帰国まで毎日一日中外出です、内容は後ほど観光編に書きます。
                  特にこの日は体調に関するメモも写真もないので特に何もなかったんだと思います。
                  常にちょっと下っ腹は痛かった。胸は痛みはなし。ずっとそんな感じ。

                  【手術から7日目】
                  退院して3日目。この日も歩き過ぎ。術後4日目よりも生理痛的な痛みはあるかも、とメモが残ってる...。自業自得。
                  それから胸バンドの圧迫がキツすぎる痛み。バンドから開放された鎖骨下が黄色い。これは他の胸オペ後の人もなっていた。



                  ちょうどいい圧迫は、息吸い切って気持ち圧迫される位らしい。締めすぎだったのでしょう。



                  手術後4日目。退院。

                  0
                    【手術から4日後】

                    アテンドさんから、退院は昼ご飯は出て午後だろう、と聞いていた。
                    誰も何も言ってこないけど、予定通り今日退院なんだろうな。
                    本当に無事手術終わってよかった、これから頑張ろう。
                    ...でも何を?
                    みたいなことを考えていました。
                    嬉しいけどあまり舞い上がらないように、パス度が急上昇するわけでもないし。ただこれで戸籍変えられるんだなぁ、としみじみ。
                    観光モードに入れるのは嬉しかったけど、退院するの寂しくなってきてた。全く痛くないわけじゃないのに帰っていいのかな...とか。

                    あとは最後の恐怖、ドレーン抜き。
                    昨日からいつ抜かれるかとナース来るたびビビっていた。
                    「痛くないけどニュルーって気持ち悪い」とはよく聞くけど。
                    そして遂に。麻酔もなしで体に刺さっているもの引き抜くなんてなんて野蛮なんだ。
                    ナースに痛いよ、と脅され、赤ちゃんみたいとからかわれ、手のやり場に困りつつ遂に抜かれた。
                    結論から言うと、痛くありませんでした。確かに鈍いズルズル感。ぐったり。楽になった。

                    片付けて、最後の昼ご飯を食べ、記念にナースがいっぱい来た時に写真撮らせてもらったり。呑気なもんでした。
                    そういえば退院なのに、この日は上下どちらの執刀医も来なかった。
                    休みだったのか?よく考えるとオイオイって感じだ。

                    飲み薬が部屋に届けられて、病室とお別れ。別のフロアで、そうだ何かお金払った気もする。よく覚えてない。部屋代この時だったのかな、領収書もない。どうしたんだろう。すみません適当で。
                    部屋からの景色。左上の方がチャオプラヤ川。



                    もらえるはずだった手術証明書は、先生のサインが揃ってなかったのか?抜糸の日になった。
                    退院。お世話になりました。



                    アテンドさんの車でスーパーに寄る、日本のお菓子とかは日本で買うより高くなってしまうみたい。2,3倍することも。ミスドやヤマザキのパン屋があった。
                    夜は日本食レストランへ。食欲は戻ってるけど、量食べるとお腹が圧迫されるし便意が急に来るので控えめ。

                    ホテルに帰ってシャワー。バスタオルが高いところにあって、大事をとって椅子に乗って取った。シャワーフックも高いから椅子に乗って。
                    腹部は防水テープがついてたのでそのままいけたけど、胸はただのガーゼとテープ。濡らさないようにするのが大変だった。

                    やっと落ち着いて撮影会。
                    こんなにテープだらけで痛々しい。胸がなくなったからか腹と尻出てるのが目立って気持ち悪い体型。デブではないけど女子によくある下半身ぽっちゃりが見苦しい。絞ろうと誓う。
                    へそ下は気にしないでください、傷ではありません。ちょっと個人情報を伏せさせていただきます。



                    まだベッドの上で自由に体を捻ったりは出来ないから必要なもの近くに持ってきておく。エアコンつけないと暑い。暫くナースがしょっちゅう来てくれる生活だったのでなんか寂しかった。寝つきはあまり良くなかった気がする。





                    手術後3日目

                    0
                      (途中、体の画像あります。念の為。)

                      【手術の3日後】

                      朝4:40、二回目のトイレに起きる。頭がかゆかったので、暇だし洗面台で洗ってみた。不自然な体勢で疲れたけどさっぱり。
                      また廊下を散歩して、本読んでみたけどまたすぐ寝た。

                      7時半、胸の先生が見にくる。ナースとふたりの顔が曇って、おぉ...と言われる。メニーメニーウォーク?と聞かれた。
                      また血が出ているので部屋の中くらいにしときなさい、とのこと。だって動いた方が早く治るよ、とか言われたもんだから...。
                      日本で手術した方に聞いたらまだ動かないほうが...って言われた。難しい。
                      でも実は気付いていた、黄色い液体になってきていたのにまたドレーンから鮮血が降りてきていたこと。少し落ち込む。

                      その後、術後二度目のお通じ。量は通常、ゆるめ。腹痛なし。
                      するとナースが入ってくる。少し待ってもらってたら、シャワーオッケーと。朝方頑張って頭洗ってしまったの無駄。
                      傷はまだ濡らせないので屈んでシャンプー。ナースがシャワー持っててくれる。手伝おうか見ててくれるけどできた。
                      体も傷以外は洗った。手術前にも貰ったドピンクの殺菌作用?ソープで。体も拭いてくれて過保護。なんか申し訳ないけど楽しい。
                      花王の明らかにコドモって書いてあるベビーパウダーをつけてくれるんだけど匂いがキツくて次からは断った。

                      8:15頃、朝ご飯が来る。
                      9時代には体重計を持ってこられた。
                      48.何キロ。入院した日何キロだったか覚えてないけどあまり変わってない。
                      その後ナースも自分の体重測ってた。41キロ。僕と比べて笑ってはしゃいでた。こういうの日本じゃ無いだろうけど、弱ってる人にはいい。和む。

                      10時過ぎ、初めて胸のガーゼ交換。
                      とメモしてあるけど、ということは朝までの先生の巡回はバンド外して見てただけだったのか。昨日も消毒はしてないかも。よく覚えてない。そして初めて胸とご対面。腹筋で起きるのはまだ怖いので写真で確認。
                      思っていたよりきれいで安心。やはりドレーンが胸の真ん中から出てるのが怖い。こんな状態でした。



                      アップ。乳首に見える膨らみは陥没乳首の膨らみ。自分は慣れてるけど、引きで見ると目立たないし。



                      いつも名前を呼びながら入って来てくれる、1番フレンドリーだったMさん。白衣の天使。布地、よく見ると白じゃないけど。美人さん。




                      僕は内摘が腹腔鏡だったので、開腹の人より2日短い四泊入院。明日には退院させられてしまう。正直不安だった。
                      想像していたよりは全然痛くないけど、術後たった4日の人が下界に下りていいものか。
                      朝、再出血してると言われてから大事を取って延ばしてほしくなってた。
                      アテンドさんは、出血量は多くないから明日帰れるよ、と言ってくれましたが。むしろもっと入院していたかった。
                      タイ語で「退院」を表示させてトゥモロー?と聞くと、ちゃんとイエース!と返ってきた。

                      メモがそれくらいしかないので午後は暇だったのでしょう。
                      この日から細かいメニューが選べて和食に挑戦。
                      魚食ってねぇなーと選んだサバ照り焼きがものっそ美味しかった。すっかりサバの照り焼き=ヤンヒーの思い出。






                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM